2011-04-15

よーぐ、きらったなし。

(「よーぐ、きらったなし。」とは、会津弁で「よく来てくれました」の意)

今日の東京は夕方より雷雨。まったく変な天気の一日でしたが、
きのうは全国的によい天気に恵まれましたね。

僕はというと、福島の奥会津に行ってきました。


そして、かごの作り手さんをはじめ、町の施設の人など、この一か月間の話や、
同じ県内にある原発についての話を聞くことができました。

地震の影響による直接の被害はほとんどなかったこと。
近くに水力発電と地熱発電所があるため、停電はしなかったこと。
やはり燃料不足で、ほとんど家の中で過ごしたことなど。

みなさんに共通しているのは、落ち着いて話していること。
あわてずにいつものペースで生活されているなあ~ということです。

直接、現地で話を聞くことが出来て、とても安心したと同時に、
なんだか自分の気持ちも軽くなった一日でした。

そして、今日で震災後、一か月が経ちましたね。

奥会津の深い雪もかなり溶けはじめ、そろそろ畑の土が見え始めそうです。
ほとんどの方は、今年のかご作りはこれでおしまい。
気持ちはすでに、雪が解けたら忙しくなる畑仕事に意識を向けていることでしょう。



自分にとっても、よい気持ちの切り替えになった週末でした。

征一郎