2013-06-27

かごのある暮らし ―素材の妙をたのしむ編―

こんにちは!
今日ご紹介しますのは、埼玉県 ハルさん様からのお写真です。
 
キッチンのストックルームの壁に、仲良く掛けてある、ふたつの手提げかご。
 
 
左が山ぶどう、右があけびですね。
形が似ていても、色合い・風合いはずいぶん異なります。
 
すぐに手に取れて、風通しもよく、壁は手提げかごの最高の収納場所ですね。
 
さらにその上には、椰子のマルシェバッグ。
こちらは小物入れとして使っているのだそう。
 
 
 
 
ストックルームの食器棚の下にも、かごが3つ。


素材も形も、それぞれに異なるかごたちが、ここでも仲良く並んでいます。
 
調和して見えるのは、どれも自然素材だからでしょうか。
「持ち手」に共通点があるせいかもしれませんね。
 
「左は、仏製 柳のピクニックバスケット。
観音開きするふたはとれてしまいましたが、
キッチンクロスや雑貨入れとなっています。
 
真ん中は 松本で購入 あけびのかご。 
子供が小さい頃は おむつ入れに使用していましたが、今は野菜を入れています。
 
右は 仏製 柳のかご。 まっすぐに編んである様が 好きです。
食材入れにしています。」
 
  
そして最後の一点は、、、
 
あけびのポシェット!
 
 
ご家族とともに、工夫しながら楽しむ、かごライフが伝わってきました。
ハルさん様、たくさんのお写真をありがとうございました!