2016-03-15

「笑竹堂」のよろずかご編みワークショップ

こんにちは。
今日は「笑竹堂」の三原啓資さん、萌枝さんご夫妻による「よろずカゴ」
を編むワークショップを行いました。

「何でも入れて、色々つかってください!」という意味を込めて
よろずの名がつきました。
底は四ツ目、側面をござめ編みで仕上げた青竹のかご。
高さはご自身で決めていただくことができます。
今回は9名の方にご参加をいただきました。


まずは底部分の四ツ目から

環ちゃんも応援中!
 
お昼ごはんとおやつは
「国立の食卓 いづい」さんにお願いしました
  
午後からは、本体部分を編む作業から。
徐々に高くなってきました
  
縁部分は竹ひごを二枚に剥ぎます。
 
縁をまわして、底に足をはめて完成です
 
みなさんの完成品を加えて撮影!
 
萌枝さんが実演する時は、生後5か月の環ちゃんをみんなで
抱っこリレーする場面も。
いつでも笑顔のあかちゃんに癒されました~。

ご参加いただいたみなさま、啓資さん、萌枝さん、そして
環ちゃん、おつかれさまでした!

いとう