2016-05-18

『ケニアのかご展』はじまります!

国立店では、明日5月19日から、『ケニアのかご展』がはじまります!

10年以上前からケニアに通い続け、現地の生産者とともに
製品作りを手がけてきた、「オンプリュ」の中島志保さんのご協力のもと、
今年も色とりどりのサイザルバッグが届きました。


店内は、虹のような色彩あふれる空間に変身!
ボーダーやツートンカラーの新色に加え、夏らしい透かし模様の
新作も登場。140点を超えるサイザルバッグが並びました。


オンプリュさんの製品の特徴は、品質へのこだわりはもちろんのこと、
現地の環境や作り手の健康にも配慮している点。
たとえば染料には、認証をうけたドイツ製のものを選ぶなど、
現地の人々に寄り添ったものづくりを実践しています。

 オリーブの木工品も人気のアイテムです!
 
「毎日持つバスケットを通して、世界とつながることができる」と語る
代表の中島志保さんの言葉を、この展示の中にぜひ感じていただけ
ればと思っています。

サイザルのバッグの素材は、リュウゼツランの葉から採れる
細くて丈夫な繊維。
これをひも状に撚って染色し、一本一本編み上げていきます。
編む作業だけでも、普通サイズのもの1点で1週間はかかるそうです!

帆布のバッグのように、使い込むほど手になじみ長く愛用できる
サイザルバッグ。
ぜひお気に入りの一点を見つけ出してくださいね。

多くの皆さまのご来場をお待ちしております。

伊藤